マンションを活かす

マンションの和室活用法

マンションの和室を活用する

現代のお家は、洋風が流行りのようですが、日本人ならば、やはり「和」を大事にしたいものです。洋風のリビングルームもなかなかに良いものですが、「和」の空間には、それとはまた違った独特な魅力があります。畳の敷かれた和室は、日本人にとっては、一番落ち着ける場所でしょう。「洋」ばかりではなく、「和」の空間を大切にしているマンションも、良いものだと思います。他の同じようなところと比べて見た時に、良い個性・特徴になり得るものです。今までは、どちらかといえば、新しもの好きの方が多かったのですが、この頃は、少しずつ古いものの良さが見直されてきてもいます。洋室ばかりではなく、畳の和室もあるマンションは、とても素敵です!

変幻自在の和室の柔軟性

マンションで和室が必要が悩む若い夫婦が増えています。和室といえばお年寄りが好む部屋、古い日本のイメージを持たれる人も多くマンションを購入予定の若い夫婦に敬遠されがちですが、少し見る角度を変えるとフローリングの部屋にはない良さに気づくことができます。まずその良さは最低限の家具でいろんな用途に対応する変幻自在な部屋であるということです。ちゃぶ台と座布団があれば応接間に、布団をひけば寝室に、ちょっとごろ寝をするにも畳だと体が痛くなりません。赤ちゃんの昼寝にも最適です。背の高い洋風家具と違って圧迫感もなく部屋を広く使うことができます。このようにその時必要な用途に合わせることのできる変幻自在な部屋は多様化する今の暮らしにぴったりなのではないでしょうか。

↑PAGE TOP